ホリプロステージロゴ_edited.jpg
ホリプロステージロゴ_edited.png

ホリプロステージ公演 送迎プラン

このプランは㈱ホリプロが主催・企画制作をする各公演のチケットと、各劇場からご自宅や、主要駅までの移動の際のハイヤー送迎がセットになったプランです。
小さなお子様がいるご家族様、ご友人のグループ様にお勧めです。
電車やバス等の公共交通機関をご利用しないため、密を避けることができます。
また、眠ってしまったお子様を起こすことなくご自宅までご利用いただけます。

コース
コース内容
金額
空港→劇場/劇場→空港
羽田空港
¥18,000
※4名様までの特別料金(ジャパンタクシー)
¥12,300
駅→劇場/劇場→駅
東京駅
¥18,000
※4名様までの特別料金(ジャパンタクシー)
¥12,300
駅→劇場/劇場→駅
新宿駅
¥18,000
※4名様までの特別料金(ジャパンタクシー)
¥12,300
駅→劇場/劇場→駅
品川駅
¥18,000
※4名様までの特別料金(ジャパンタクシー)
¥12,300
駅→劇場/劇場→駅
上野駅
¥18,000
※4名様までの特別料金(ジャパンタクシー)
¥12,300
駅→劇場/劇場→駅
大宮駅
¥27,000
駅→劇場/劇場→駅
横浜駅
¥27,000
駅→劇場/劇場→駅
千葉駅
¥27,000
劇場→ご自宅/劇場→ご自宅
23区・三鷹武蔵野市
¥18,000
劇場→ご自宅/劇場→ご自宅
多摩地区・西東京地区
¥24,000
劇場→ご自宅/劇場→ご自宅
さいたま市・川口市
¥27,000
劇場→ご自宅/劇場→ご自宅
横浜市・川崎市
¥27,000
劇場→ご自宅/劇場→ご自宅
浦安市・市川市・松戸市
¥27,000

合計金額は、タクシー料金+チケット料金。

☆チケット料金は公演によって異なりますので、ホリプロステージでご確認ください。

☆コース内容とタクシー料金「ジャンボ(9人)」

ミュージカル『蜘蛛女のキス』

蜘蛛女のキス1.jpg

【期 間】2021/11/26(金)~12/12(日)

【会 場】東京芸術劇場プレイハウス(〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1)

【演 出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

【出 演】石丸幹二、安蘭けい、相葉裕樹/村井良大、鶴見辰吾、香寿たつき、小南満佑子、間宮啓行、櫻井章喜 ほか

 

ミュージカル『蜘蛛女のキス』は、1976年に出版されベストセラーとなった作家マヌエル・プイグ作の小説を原作として1990年代にミュージカル化され、1993年にはトニー賞ミュージカル作品賞などを多数受賞した、日本でも人気の高い作品。

音楽と歌詞は、『キャバレー』や『シカゴ』などのヒット作を生み出してきたコンビ、ジョン・カンダーとフレッド・エブが手掛け、その名曲は、数々のミュージカル俳優によりコンサート等でも歌われてきた。抒情的かつメロディアスな楽曲が、全編にわたり作品を彩る。

ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』

北斗の拳.jpg

【期 間】2021/12/8(水)~29(水)

【会 場】日生劇場(東京都千代田区有楽町1-1-1)

【キャスト】ケンシロウ:大貫勇輔、ユリア:平原綾香・May’n(Wキャスト)、トキ:加藤和樹・小野田龍之介(Wキャスト)、シン:植原卓也・上田堪大(Wキャスト)、リュウケン他:川口竜也、トウ・トヨ:白羽ゆり、マミヤ:松原凜子、レイ・ジュウザ:伊礼彼方・上原理生(交互で役替わり)、ラオウ:福井晶一・宮尾俊太郎(Wキャスト)、バット:渡邉 蒼
リン:山﨑玲奈・近藤 華(Wキャスト)

 

1983年から88年まで週刊少年ジャンプで連載された漫画「北斗の拳」は、連載終了から30年以上が過ぎた今も、国内のみならず世界中で圧倒的な人気を誇っている。

海外のカンパニーと国際共同プロデュースを積極的に行ってきたホリプロが、今回初の中国企業と共同プロデュースする。パートナーは、上海の演劇制作会社染空间 Ranspace。同社代表の梁一冰(リャン・イーピン)氏は、東野圭吾原作のオリジナルミュージカル『白夜行』を上海でプロデュースし、大成功を収めた人物だ。同社との舞台創作を通じ、相互の文化理解をさらに深め、日中双方の観客に共感を得られる作品を目指す。
クリエイティブなプロセスの中でお互いに触発しあうことで、これまでにないスケールの作品が誕生することが期待される。

音楽はミュージカル『ジキル&ハイド』『スカーレット・ピンパーネル』『マタ・ハリ』など、日本、韓国ほか、世界中で大ヒット・ミュージカルを手がけるアメリカ人作曲家のフランク・ワイルドホーンが手掛ける。同氏がホリプロに楽曲を書き下ろすのは、2015年に日本と韓国で上演された『デスノートTHE MUSICAL』以来、2作目。

演出は、『マタ・ハリ』でミュージカルファンの心をつかんだ新進気鋭の演出家・石丸さち子が担い、脚本・作詞は『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー』『オリバー!』など、話題ミュージカルの訳詞を数多く手掛ける高橋亜子が担当する。

振付を手掛けるのは、TOKYO2020オリンピックの開会式に出演するなどダンサーとして活躍する一方、多くの有名アーティストから指名を受けるコレオグラファーの辻󠄀本知彦氏。さらに、これまで数多くの日中共同プロジェクトを成功に導いた中国人演出・振付家の顔安(ヤン・アン)氏も振付に加わる。日米中3か国のスタッフのコラボレーションによる創作にも注目だ。

過去の公演

ミュージカル『オリバー!』

Oliver-1.jpg

プレビュー公演:2021/9/30(木)~10/6(水)

本  公  演:2021/10/7(木)~11/7(日)

【会    場】 東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11F)

 

英国文学の原点、全世代に愛される不朽の名作が2021年秋、新たに生まれ変わる!!世界No.1プロデューサーが手がけた、ロンドンミュージカルの金字塔!

出演:市村正親、武田真治、濱田めぐみ、ソニン、spi、原慎一郎、コング桑田、小浦一優(芋洗坂係長)、浦嶋りんこ、鈴木ほのか、鈴木壮麻、KENTARO、北村岳子、伊東えり、小野寺昭、目黒祐樹